犬 用品

愛犬の病気

もうすぐ6歳になる愛犬がいます。すごく可愛くて溺愛しています。小さい子犬の頃から飼っていて、毎日愛情たっぷりに一緒に過ごしています。

 

でもとても心配なことがひとつあります。それは犬の健康です。生後3ヶ月くらいのときに一度、手術をしたのですが、それはそれで今は大丈夫。それで、心配というのは癲癇(てんかん)があるのです。

 

犬の100匹に1匹はてんかん持ちといいますが、我が愛犬もてんかんの発作を起こします。1年位前から薬を飲んでいます。発作を多発すると脳に負担がかかり、将来的に非常に危険とも言われています。

 

薬は1日2回。これを残りの人生ずっと摂取し続けることになります。これはてんかんを治すものではなく、発作の頻度を減らす程度のものです。それでも非常に重要な薬なのですが。

 

薬の副作用ももちらんあります。表面的にはわかりませんが、肝臓に副作用が出るといわれています。愛犬も元気なうちはいいですが、これから先、正直って不安はあります。

犬の服

犬に服を着させるのって流行っていますよね。犬専用のお洋服もあったりして。なかなか可愛いものもあります。

 

ペットとして飼われている犬は、野生の犬(狼?)とは違い、品種の改良を重ねてきています。野生動物のようにほっておいても大丈夫な生き物ではないようです。専門家の人が言っていました。

 

だから、寒い日にそのままの姿で外に出しておいても大丈夫というわけにもいかないそうです。服を着せてあげることも時には必要だと。

 

なんだか違和感がありますが、犬の健康、そして命を考えた場合、犬の洋服というのは、ただのおしゃれという域を超えたもののようです。

 

雨合羽を着た犬も見かけますよね。あれも犬の健康を考慮するとレインコートを着させる意味というのはありそうです。

犬用のグッズ(用品)

犬,用品,ペット

 

犬は遊ぶのが大好きですよね。一緒に遊ぶにしても、一人遊びさせるにしてもおもちゃなどの犬用グッズ(犬用品)は必要です。小さいに人形やボールなどがいいですね。

 

それと、散歩用グッズもいろいろとあります。首輪やリード、それと糞を入れる袋入れとか。なかなか重宝します。

 

食事の際のお皿や水をあげる入れ物。犬用ベッドなんかも必需品。

 

ペット用のおしゃれグッズも人気です。

 

それと最後に犬の美容院のトリーミング(グルーミング)。トリマーさんに定期的にカットしてもらうことはお洒落のためだけでなく、衛生上の理由からも必要です。出来れば8週間以内に1回はトリーミングショップに出して、毛や爪を切ってもらいましょう。トリマーさんの腕はお店によってけっこう違いますのでしっかりと選んで下さいね。